ヒートショックの原因と予防

▼ ヒートショックとは?
急激な温度変化による血圧の急変動に対応できず身体的なショック症状を起こすこと

体の弱い高齢者や、健全な若い方でも寒い冬場にヒートショックを起こしてしまいます。
特に寒い時期には入浴中の突然死が多発しています。

ヒートショックに関連した入浴中急死をした人は、年間で約15,000人を超えており、その死亡者数は交通事故による死亡者数(5,000人弱)をはるかに上回ります。

また、ヒートショックに関連した死亡者数のうち、実に一万人以上が高齢者の方だと考えられています。最悪の状況にならないためにも、しっかりとした対策が必要です。

▼ ヒートショックの原因は?どのように起こる?

冬場は、暖房の効いた暖かい部屋で過ごします。入浴をするため冷え切った浴室へ入る際や、入浴後の浴室から、脱衣所へ移動する際など、温度差のある場所へ移動すると、心臓に大きな負担をかけてしまいます。

温度変化が急激すぎると、血圧が一気に上下して、心臓や全身の血管に異変が起こります。

ヒートショックによる心筋梗塞・脳梗塞脳卒中・不整脈リスクは高く、軽く失神だけの場合でも浴室のため滑って頭を打つなど、大変な危険が伴います。

最近では高齢者だけでなく、寒暖差にあまり慣れていない若者にも、ヒートショックは起きております。

▼ ヒートショックへの予防 6選!

温度差のある場所(特に体を露出させる場所)への移動には、十分に注意が必要です。

POINT 1
脱衣所、浴室、トイレなどに暖房設備や断熱処理を!

冷え込みやすい場所を温めておくことは、ヒートショックを予防する上で重要なことです。部屋を暖めるだけでなく、温めた熱を逃げにくくする処置をしておくと良いでしょう。

思い切ってリフォームをしてしまうことも想定しておくべきでしょう。

POINT 2
今すぐ実践!ヒートショック対策

浴槽へのお湯はりのときに、湯沸しでなくシャワーを使います。高い位置からシャワーのお湯を浴槽へ向けることで、浴室全体を暖めることができます。

また、湯沸しの最後の5分を、熱めのシャワーで給湯しても十分効果があります。

POINT 3
早い時間の入浴を心がける

できれば、陽が沈まないうちに入浴を済ませてしまうと良いでしょう。

脱衣所や浴室の室温が、それほど冷え込むことがなく温度差が少ないため、身体への負担は軽減されます。

POINT 4
浴槽の湯温設定は39~41℃くらいに!

熱すぎるお風呂は、室外へ移動した際の温度差が大きくなってしまいます。

少しぬるめのお湯に長く浸かるようにすると良いでしょう。

POINT 5
高齢者の一人入浴には注意が必要!

可能な場合は、家族に見守りや、公衆浴場などを利用することで、万が一の場合に迅速に対応することができます。

POINT 6
飲酒時や食事直後の入浴は控えよう

食後1時間以内は、消化を行うために胃に大量の血液が必要となります。
入浴をすることで、血液が一気に流れ込みますので、危険が伴います。

飲酒時は、体が温まることで血液の循環が良くなり、さらにアルコールが全身にまわってしまいます。
血液の流れが急になることに加え、アルコールの影響で意識まで朦朧としてしまう可能性があります。

▼ まとめ

一般的に65歳以上の男女は、健康に問題がなかったとしても、入浴時には注意が必要です。

また高齢者だけでなく、糖尿病や高血圧等の成人病の持病がある人、コレステロール値が高くメタボリック症候群、あるいはその予備軍の人なども、ヒートショックの可能性は十分にあります。

安全で快適な日常生活を送るためにも、油断せず行動しましょう。