TOP > お役立ち情報 > どうなる?外国人雇用対策

▼ 外国人の技能講習に介護職種が追加

2019年12月9日 更新

平成29年11月に外国人の技能実習生の保護に関する法律が施行

政府は高齢化社会への対策として、この施行にあわせ、外国人の技能実習制度の職種に介護職種を追加しました。


少子高齢化の波は、今や日本だけではありませんが、世界と比較すると、日本の高齢化率は群を抜いて高い割合となっております。

スポンサーリンク

※ 外国人の技能実習の適正な実施及び技能実習生の保護に関する法律施行令の一部が改正されました。

詳細はこちら

介護職が不足する中、こうした対策は介護施設の運営者や、就労したい外国人労働者にとってはともにメリットがあるといえます。

日々進化する介護ロボットに加え、介護職の雇用が広がることは、介護を必要とする方に安心を与えてくれることでしょう。

※ 高齢化率、介護ロボットは下記参照
世界の介護と日本の介護との違い

日本の介護サービスや、介護制度は評価が高い?!日本の高齢化率はどれくらいなの?

介護ロボットの種類

介護ロボットとは?介護ロボットは区別すると3種類にわけられる!

良かったら「いいね!」
このエントリーをはてなブックマークに追加