TOP > 用語集・用語辞典 > 亜急性肝炎(あきゅうせいかんえん)

亜急性肝炎(あきゅうせいかんえん)

肝臓に炎症が起こり、発熱や全体的に倦怠感に襲わる症状のある疾患のことです。
急性肝炎の症状が2〜3週間程続いた後、次第に精神神経症状や腹水、高度の黄疸、消化管出血などの症状が現われます。非常に予後の悪い疾患です。
亜急性肝炎は亜急性型劇症肝炎とも言い、急性肝不全に含まれます。
亜急性型は初発症状発現から11日以降に昏睡凝抂幣紊隆寮脳症を呈する症例となります。